ミュンヘン日記

2018/19 MIPLC LL.M. candidate

アルビ&カルカッソンヌ

二か月もブログを放置してしまいました。先週はフランスのトゥールーズを拠点にアルビとカルカッソンヌという街に行ってきました。カルカッソンヌモンサンミッシェルに次いで人気のある観光地らしいです。

 

朝3時起きでトゥールーズ空港へ向かい、そこからアルビへ。電車で1時間くらいのはずが何故か電車がすべてキャンセルになっておりバスで向かいました。途中の乗り換え待ちのときにお腹がすきすぎてお菓子でお昼ご飯。とんがりコーンに見た目も味もそっくり

 

f:id:yuhei59:20190625175456j:plain

アルビ到着。広場でワインやおつまみが売っていました。

f:id:yuhei59:20190625175507j:plain

ぶらぶらと歩いて旧市街の方へ。世界遺産に登録されているらしいです。

f:id:yuhei59:20190625175513j:plain

アルビは南フランスのスペインより。建物もちょっとそんな感じです。南ドイツとは全然違います。

f:id:yuhei59:20190625175514j:plain

幾何学的な庭園。こういうの凄い好きです。

f:id:yuhei59:20190625175521j:plain

アルビ大聖堂。でかい。

f:id:yuhei59:20190625175525j:plain

アルビ大聖堂の入り口付近から出発する観光バス的なもの。1時間くらいで市内の見どころをゆっくり回ってくれます。英語の観光ガイドがあったので聞いていたら爆睡してしまいました。観光分野の英語って普段あまり聞きなれないからか難しくないですか。

f:id:yuhei59:20190625175530j:plain

たまたま見つけたファッション美術館。めちゃくちゃこじんまり。

f:id:yuhei59:20190625175535j:plain

18時前でしたがお腹が空いたのでカフェに。ピザが食べたかったのですがピザは19時半からということで断念。結局中華を食べに行ってしまいました…。どうしても中華が食べたかった。

f:id:yuhei59:20190625175540j:plain

夜のホテルで何気なくテレビを見ていたらミリオネアフランス版が。これは10000ユーロの問題。問は「柔道において、畳に上がる際に脱がなくてはならないものはどれか」。フィフティフィフティ利用後。草履と帯が残っています。この後さらにテレフォンを利用して無事正解していました。

f:id:yuhei59:20190625175545j:plain

二日目。アルビからカルカッソンヌに向かいます。昼ごはんはせっかくなのでフレンチのコース料理を。こちらは前菜。メインはカルボナーラを頼みました。

f:id:yuhei59:20190625175549j:plain

メインのカルボナーラ来たと思って食べてたら、「これ違う人のだった」といって下げられてしまいました。

f:id:yuhei59:20190625175552j:plain

こっちが自分が頼んだカルボナーラだったようです。すでにだいぶお腹いっぱいだったのですが食べきりました。生卵が殻とともにやってくるとは中々珍しい。味は中の下。

f:id:yuhei59:20190625175558j:plain

とどめのクリームブリュレ。夜ご飯はトリュフを食べに行ったのですがほとんど食べられませんでした…。

f:id:yuhei59:20190625175601j:plain

カルカッソンヌはローマ時代の城壁が世界遺産となっています。荘厳で美しい。城壁は二重であり、進撃の巨人のモデルになったともいわれています。

f:id:yuhei59:20190625175608j:plain

3日目。城壁内部をお散歩。

f:id:yuhei59:20190625175616j:plain

カルカッソンヌの街並み

f:id:yuhei59:20190625175622j:plain

f:id:yuhei59:20190625175627j:plain

城壁のすぐ内側に野外劇場が。これは趣ありそう。

f:id:yuhei59:20190625175636j:plain

お昼ご飯はご当地料理のカスレなるもの。重い…。

f:id:yuhei59:20190625175727j:plain

街中に傘が吊ってありました。

f:id:yuhei59:20190625175642j:plain

城壁をめぐったあと、運河クルーズに行きました。この運河も世界遺産になっているらしいです。進行方向に水門があります。写真だとわからないですが、後ろ側にも水門があって、両方の水門を閉じた後に水を注入することで高さを進行方向側の水位に合わせ進みます。

f:id:yuhei59:20190625175645j:plain

こんな感じで水があふれてきて、あっというまに水位が同じになります。帰りは逆に水を抜きます。

f:id:yuhei59:20190625175649j:plain

 

南仏も南ドイツも本当にいいところだなあ。

オランダへ②

3日目の朝。起きると歩けないくらい足が痛い…。特に腫れているようには見えないけど、ネットで調べるととにかく安静と書いてあったので、キンデルダイク行きをあきらめてホテルを延泊することに。

 

当初の予定はロッテルダムキンデルダイクブリュッセルと移動してブリュッセル泊だったのですが、まさかのロッテルダムでカプセルホテル2泊。

 

ブリュッセルの宿に「足怪我していけなくなった」と連絡したところ「Hello,We understand your problem. Unfortunately we have to apply cancellation fees.
Regards,」とそっけないお返事。キャンセル期間は過ぎていたのでそこはいいんですが、「お大事に」とかの一言があるかないかだけで印象が全然違います…。

 

結局1日のんびり宿で本を読んで安静にしていました。そして4日目の朝、だいぶ良くなっていたので、まだちょっと痛みはありますが、キンデルダイクに向かうことにします。

 

しかし歩きすぎると悪化するかもしれないので、贅沢にUberで行くことにしました。水上バスだと5ユーロ程度、Uberだと40ユーロ程度かかりますが背に腹は代えられない。

 

キンデルダイクに到着。オランダっぽい景色にテンションあがります。

f:id:yuhei59:20190430171131j:plain

風車は70基ほどあり、一番奥の風車までは2kmほど。歩けるほど元気ではなかったので遊覧船に乗りました。

f:id:yuhei59:20190430171134j:plain

エントランスのところは工事中。世界遺産にふさわしいエントランスとはこれ如何に。

f:id:yuhei59:20190430171143j:plain

お昼くらいまでのんびりしたところで、足も痛いし帰ろうかなとも思ったのですが、あまりにもきれいな景色だったのでレンタサイクルで奥まで行ってみることにしました。幸い自転車こぐ分には足の痛みもありません。

f:id:yuhei59:20190430171148j:plain

風車が見える景色は10分くらいで通り過ぎてしまいますが、その後も延々と絶景が続きます。心地よい。気づいたら1時間めいっぱい自転車こいでました。

f:id:yuhei59:20190430171156j:plain

気づいたらだいぶ足の痛みもなくなったので、帰りは水上バスロッテルダムまで。

f:id:yuhei59:20190430171204j:plain

ロッテルダム到着。東大工学部2号館のパワーアップ版みたいな建物を発見。

f:id:yuhei59:20190430171216j:plain

ロッテルダムから特急でそのままブリュッセル国際空港へ。ベルギーは全く回れませんでしたが、ベルギーとルクセンブルクをあわせて6月か7月にチャレンジすることにします。

 

空港でちょっと時間があったのでベルギービールとフライドポテトを頼みました。これが今回の旅で一番おいしかったです…。

f:id:yuhei59:20190430171213j:plain

 

無事にミュンヘンに到着。今回は旅先でケガをするというアクシデントもありましたが、終わってみると中々充実した旅になりました。

色々と経験を重ねて、損して得取れみたいな選択肢を選べるようになった気がします。10年前だったら無理してでも3日目にブリュッセルに移動していたと思います(宿代がもったいないから)し、Uberを使うという選択肢もなかったと思います。

オランダへ①

イースター休みを利用してオランダに旅行してきました。3泊4日の旅程で、アムステルダムロッテルダムブリュッセルと移動しました。

 

1日目は空路でアムステルダムへ。なお、道中で「夢をかなえるゾウ」を読みました。要は「情けは人の為ならず。一日一善を心がけよ」というメッセージと受け取りました。なので、この旅では一日一善を心がけることをテーマにしました。

 

さて、チューリップの時期ということもあり、この日のメインはキューケンコフ公園です。公園でチケット買おうとするとすごく並ぶということで、事前にネットで空港→公園と入園のコンビ券を買っておきました。

f:id:yuhei59:20190430060146j:plain

空港から30分ほどで公園に到着。早速園内を散策します。チューリップが良い感じに咲いています。

f:id:yuhei59:20190430060149j:plain

ちょうどお昼時だったので、園内の屋台でワッフルとイワシサンドイッチを食べました。正直どっちも美味しくなかったですね。

f:id:yuhei59:20190430060154j:plain

衛生面がとても不安なイワシサンドイッチ…。5ユーロくらい

f:id:yuhei59:20190430060201j:plain

公園内をぶらぶらします。確かにきれいなんですが、イメージしていた「一面チューリップ畑!!!」みたいな感じではなく、大きくてこぎれいな公園だなあという印象です。

f:id:yuhei59:20190430060212j:plain

f:id:yuhei59:20190430060213j:plain

f:id:yuhei59:20190430060227j:plain

ぼーっと地図を眺めていたところ、「チューリップ畑はあっちの方向なのか?」と尋ねられました。そこで初めて園外に巨大なチューリップ畑があることを知ります。そっちに向かっていくと風車の展望台が。どうやら2階からチューリップ畑が見えるようです。

f:id:yuhei59:20190430060234j:plain

おおー!これこれ。こんな感じのものを期待していたのです。

f:id:yuhei59:20190430060242j:plain

f:id:yuhei59:20190430060247j:plain

次は迷路みたいになっている庭園をうろうろします。迷路のゴールは小さな展望台みたいになっているのですが、そこがなぜか行列。どうやら1組ずつ展望台に入って、各々写真撮影などを楽しんだ後に次の組にバトンタッチという流れになっているよう。

 

後ろの3人組が「なんで1組ずつ?何組か一緒に入れるだけのスペースあるのに。こんなに行列できるの変だよね」と話していました。日本ならあるあるな感じですが、ヨーロッパでもこういうこと起きるんだなと感心しました。

 

20分ほど待ち、自分の番になったところで、勇気を出して、「待つ必要なんてないよね。一緒に行きましょう」と後ろの人たちに声をかけてみました。それをきっかけに皆わらわらと入ってくるようになりました。大したことじゃないですが達成感ありました。一日一善達成ということにしておきます。

f:id:yuhei59:20190430061355j:plain

みんなのんびりしていて本当に幸せそう。

f:id:yuhei59:20190430060248j:plain

チューリップ畑の中を行くゴンドラツアーがあることにも気づきました。乗ってみたいと思ったのですが既に4時間待ちで諦めました。入園と同時にチケットを買いに行くことをお勧めします。下の写真、遠目にゴンドラが見えます。

f:id:yuhei59:20190430060254j:plain

さて、公園を十分に満喫できたので、アムステルダム市内へ向かい、運河ツアーへ。オンラインで買うと2ユーロ割引の広告を見つけ買ってみたのですが、行ってみるとレジが故障しているとかで行列ができてました。運河ツアーの催行会社はいっぱいあるので、2ユーロをケチらなければ別の会社のにすぐ乗れたのに…と若干後悔。

 

ただラッキーなことに「おひとり様のかたいますー?」みたいなアナウンスがあり、15分待ち位で乗り込めました。

f:id:yuhei59:20190430060258j:plain

遊覧船内部。陽ざしが結構キツかったです。

f:id:yuhei59:20190430060303j:plain

アムステルダムの街、きれいです。

f:id:yuhei59:20190430060307j:plain

f:id:yuhei59:20190430060312j:plain

ここでだいぶいい時間になったので、宿に向かいます。アムステルダムから電車で15分ほど行ったハールレムという街に宿を取りました。普段は市内中心部のホステルとかに泊まることが多いのですが、ハールレムの宿が凄く評判が良かったので郊外にしたのです。これがあたりでした。ハールレムの街は美しく、アムステルダムよりも気に入りました。ご飯以外は。

f:id:yuhei59:20190430060320j:plain

f:id:yuhei59:20190430060324j:plain

宿にチェックインして、夜ご飯を求めて街をぶらぶらしていたのですが、全然入りやすそうで美味しそうな店が見つからない…。オランダ料理(あんまりイメージないですが)はあきらめて、無難にイタリアンのお店へ。

ここは大外れでした。30分くらい待った挙句、出てきたボロネーゼは信じられないくらい伸びきっていました。今回の旅行は全然おいしいものなかったです。

 

さて、翌日はキンデルダイクに行く予定だったのですが、この街をもっと探検したくなったので予定を変更し、レンタサイクルを借りてうろうろすることにしました。宿の朝ごはん。10ユーロ。

f:id:yuhei59:20190430060332j:plain

下は運河踏切。説明しずらいですが、橋が回転式になっていて、定期的に回転するようです(回転している間は通行できない)。何故回転するかと言うと、、、船は右側通行なのですが、橋の半分しか船が通行できない(橋の半分は水面と橋との距離が凄く狭くて小さい船しか通行できない)設計になっています。なぜかは不明です。。

f:id:yuhei59:20190430060333j:plain

とりあえず10キロほど先の太平洋に面したビーチを目指して自転車をこぎます。道中の景色が最高でした。

f:id:yuhei59:20190430060340j:plain

ビーチに到着。さすがに泳いでいる人はいないです。

少しのんびりした後、特にすることもないので帰路へ。

f:id:yuhei59:20190430060345j:plain

サイクリング楽しい。

f:id:yuhei59:20190430060351j:plain

途中でバッファロー?を発見。近くに国立公園があるとかで、寄っていくことにします。

f:id:yuhei59:20190430060357j:plain

国立公園の中の泉。hot springと書いてあり、子供たちが泳いでいます。オランダの海のそばに温泉とは。とりあえず温度を確認してみたところ、めちゃくちゃ冷たい。これは絶対にhot springではない。

f:id:yuhei59:20190430060403j:plain

鳥取砂丘のような砂浜を抜けてトレッキングコースへ。1時間半くらいのトレッキングですが、この日はマラソン大会が行われていたらしく、選手たちが横をびゅんびゅん走り抜けていきます。通行止めとかにはしないんですね。

f:id:yuhei59:20190430060408j:plain

公園を満喫して、自転車を返したのちロッテルダムへ。キンデルダイクへは3日目に行くことにし、この日はロッテルダム観光することにしました。写真は途中にあった回転寿司屋。ドイツでもそうですが、こちらの回転寿司は基本all you can eatスタイルなんでしょうか。昼と夜で料金は違うのですが、昼は20€程。まあまあリーズナブルだと思います。

f:id:yuhei59:20190430060411j:plain

2日目のお宿。カプセルホテルチックな外見と高評価にひかれて予約しましたが、この宿凄いよかったです。50ユーロくらいなのに、ポケットwifiを無料で貸し出してくれるし、一応個室になっています。造りが面白くて、上下二段のカプセルが連なっています。私は下側の部屋にしました。

f:id:yuhei59:20190430060416j:plain

お部屋。照明の色は2分間隔くらいで変わります。

f:id:yuhei59:20190430060420j:plain

荷物を置いて、市内観光へ。ヴォイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館。草間彌生さんの特別展示やバベルの塔が見れるとのことです。下の写真が草間彌生さんの作品。

f:id:yuhei59:20190430060433j:plain

それとブリューゲルの名作のバベル。これが日本に来た時(おととしかな)に上野まで展示を見に行ったのですが、すごい行列でした。入場に30分、また作品の前で立ち止まることは禁止で、実質遠目で30秒くらいしか見れませんでした。が、ここでは貸し切り状態でした。東京の感覚からすると、欧州の美術館や観光名所は本当に空いています。毎回驚きます。東京が人が多すぎるんでしょうね。

f:id:yuhei59:20190430060506j:plain

次の観光名所、マルクトハルへ。写真は途中で見つけたラーメン屋、天才。アムステルダムでは結構日本料理屋さんを見かけました。

f:id:yuhei59:20190430060438j:plain

こちらがマルクトハル。日本式1階はフードコートとなっており、世界中の料理が楽しめるようになっています。

f:id:yuhei59:20190430060530j:plain

私が食べたのは、どこの料理だったか忘れてしまった・・・。中南米だったと思うのですが。牛串にコリアンダーとストロベリージャムがかかっています。ストロベリージャムイチオシ!と店主さんに言われたのでトッピングしてみましたが、ジャムはいらなかったですね。

f:id:yuhei59:20190430060553j:plain

すぐ横のキューブハウス。実際に人が住んでいるらしいです。

f:id:yuhei59:20190430060548j:plain

最後にユーロマストという展望台へ。

f:id:yuhei59:20190430060557j:plain

ロッテルダムの夕陽。ここもロッテルダムの観光名所の一つなのですが、観光客は5人程度でした。大丈夫なのか…?

f:id:yuhei59:20190430060603j:plain

さて、旅の二日目も終わり宿に帰ります。この日は2時間くらい自転車こいで、15キロくらい歩いていたのでヘトヘトでした。そして大きな交差点で、信号が赤に変わりそうだったので、急いで渡ろうとしたところ、足をひねってしまいました。

直後は全然問題なかったのですが、宿に戻って1時間くらいすると少し痛みが出てきたので、まずいかもしれないなと思いながら早めに寝ました。

 

3日目へ続く。

シュリールー湖

先週末、天気が良かったので電車で1時間ほどのシュリールー湖に行ってきました。最初はシュリールー湖からテーゲルン湖(知財関係者御用達のテーゲルンゼー)までハイクしようかと思ったのですが、結局シュリールー湖を一周しました。

4月中旬ですが最高気温は24度。初夏の陽ざしです。

f:id:yuhei59:20190426030335j:plain

駅から湖の方に歩いて行ってみると、アルプスを望む絶景です。

f:id:yuhei59:20190426030454j:plain

どうせなら上から見てみたいなあと思ったところ、ケーブルカーがあるらしく乗ってみることにしました。ぶらぶら歩いてると教会を発見。中々瀟洒な造りになってました。

f:id:yuhei59:20190426030519j:plain

f:id:yuhei59:20190426030524j:plain

f:id:yuhei59:20190426030526j:plain

15分ほど歩いてケーブルカーの駅に到着。

f:id:yuhei59:20190426030622j:plain

上に登ってみると、たくさん人がいます。みんな思い思いに休日を楽しんでるようです。さすがにプールに入っている人はいませんでしたが、夏はすごく気持ちよさそうです。1枚目の真ん中やや左にチェス盤が見えます。

f:id:yuhei59:20190426030657j:plain

f:id:yuhei59:20190426030702j:plain

f:id:yuhei59:20190426030712j:plain

とりあえずカレーソーセージとビールを頼み、欧州人にまじってのんびり過ごします。こっちの人たちの休日の過ごし方本当に素敵だなあ。

チェスに興じる子供たち。贅沢だ。

f:id:yuhei59:20190426030848j:plain

なぞの自動木こり人形。お金を入れると2センチくらい切ってくれます。切り落とした株はお土産になるようですが、正直いらんだろと思ってしまいました。

f:id:yuhei59:20190426030850j:plain

ビールも飲んでほっこりしたところで、気が済むまでここでのんびりしてもいいなと思ったのですが、やっぱり歩きたくなったので下りることにしました。

f:id:yuhei59:20190426030856j:plain

行きはケーブルカーですが帰りは滑り台です。これがめちゃくちゃ長くて結構怖い。でも楽しかったです。

f:id:yuhei59:20190426031129j:plain

最初のうちはまだよかったのですが、徐々に急勾配に。。

f:id:yuhei59:20190426031134j:plain

f:id:yuhei59:20190426031235j:plain

f:id:yuhei59:20190426031237j:plain

無事に到着。湖の周りを歩きます。だいたい2時間ちょっとで一周できます。7キロくらいでしょうか。

f:id:yuhei59:20190426031328j:plain

湖を眺めながらのんびりするおじいさん。素敵です。

f:id:yuhei59:20190426031400j:plain

ビール飲んでいたこともあり、半分くらい歩いたところでだいぶ疲れてきましたが、どうしようもなく完歩しました。キャンプ場もあるみたいです。夜は星がきれいだろうなあ。

f:id:yuhei59:20190426031511j:plain

f:id:yuhei59:20190426031515j:plain

途中見つけたカフェ。すごいゆっくりできそうで快適そうでしたが、全然人いなかったので穴場だと思います。

f:id:yuhei59:20190426031606j:plain

なんだかんだでトータル10キロ以上歩いて帰宅。良い一日でした。

 

天気のいい日は湖で散歩して、曇りの日は学校でクラスメートと談笑したり、好きなことを勉強したりする。うーむ、、、幸せとは何かを考えさせられる日々です。

ロンドンへ

1月のアリカンテに続いて、EIPINに参加するためにロンドンに行ってきました。何日間もずっとクラスメートと一緒で英語漬けというのは中々疲れるのですが、2回目ということもありだいぶ気楽でした。

 

f:id:yuhei59:20190415012507j:plain

会場はロンドン大学クイーンメアリー校

f:id:yuhei59:20190415012525j:plain

ホテルは主催者側が用意してくれます。朝ごはんもついていました。折角なのでイングリッシュブレークファストっぽく。カリカリのベーコン、しっかり焼かれた卵、パン、豆、キノコです。正直微妙でした…。

f:id:yuhei59:20190415012536j:plain

ルームメイトのインド人。彼はほぼヴィーガンかつグルテンフリーのものしか食べません。ベジタリアン向けソーセージなるものがあったので人生初のソーセージチャレンジ。not good...と言ってました。人生初がこれとはちょっと気の毒です。

f:id:yuhei59:20190415012542j:plain

2日目の午後は少し時間があったので大英博物館へ。立て看板が二つ。一つはムンクの叫びで、もう一つはどこかで見かけたような…。

f:id:yuhei59:20190415012550j:plain

ゴールデンカムイでした。漫画展が5月からやるとのこと。見たかったなあ。

f:id:yuhei59:20190415012554j:plain

ロゼッタストーン。歴史の教科書でもちろん知っていましたが、まさか実物を見る機会に恵まれるとは。

f:id:yuhei59:20190415012601j:plain

エジプトのミイラ。もっといかついやつもありました。

f:id:yuhei59:20190415012606j:plain

夜はロンドン在住の同僚と。ロンドンの街はいたるところに旧来式の電話ボックスがあります。Wifiスポットと書いてあったり、明らかに電話としては機能していないボックスもあったりで、基本観光目的に残しているのだと思います。

f:id:yuhei59:20190415012611j:plain

旧イギリス銀行(日本でいう日銀みたいなもの)跡地にあるというパブに行きました。この辺りはいかにもロンドンっぽい町並みで素敵でした。街中は結構近代的な建物や工事中だったりして都会だなあという感じだったので。

f:id:yuhei59:20190415012620j:plain

3日目の朝。朝食会場に行くと、朝食がincludeされていないと言われ、reconfirmを頼むもシステムに登録されていないと跳ね返されてしまいました。朝食は含まれていると聞いていましたが、まあ仕方ないと思って近所のカフェに。これで10ポンド(1400円弱)。ホテルの朝食に比べて美味しかったです。(なお、一緒に参加したクラスメートはホテル側に「そんなはずはない。ホテルを予約したクイーンメアリー校に電話して確認しろ」と主張して実際に確認させ、色々とやり取りがあったのち、朝食が含まれていることが判明しました。自己主張の大切さを感じます…)

f:id:yuhei59:20190415012624j:plain

3日目でプログラムは終了。この日は自分で撮ったキングスカレッジの寮に泊まりました。部屋自体はこじんまりとしていますが、かなり機能的で個人的には大満足。1泊1万円くらいです。

f:id:yuhei59:20190415012628j:plain

f:id:yuhei59:20190415012633j:plain

そしてロンドンアイを横目にロンドン水族館へ。行ってみたかったのです。

f:id:yuhei59:20190415012642j:plain

空いているだろうと思ったらまさかの入場規制。入るまで30分待ちました。メイン水槽にはなぜかモアイが。なぜモアイ…。

f:id:yuhei59:20190415013957j:plain

色鮮やかな毒カエル。

f:id:yuhei59:20190415012653j:plain

シロクマ…はCGです。すごい技術だ。

f:id:yuhei59:20190415012708j:plain

水族館を出た後パブへ。フィッシュ&チップスを食べながらビールやジントニックを飲んでました。イギリスではカクテルといえばジントニックらしく、トニックの種類も選ぶみたいです。

f:id:yuhei59:20190415012717j:plain

最終日も美術館へ。ロンドンの美術館は基本無料なのが凄い。

f:id:yuhei59:20190415012718j:plain

あなたの国の国旗のところにコインを置いてください。

f:id:yuhei59:20190415012725j:plain

この日はロンドンシティ空港から出発の予定だったのですが、工事とかで空港に向かう鉄道が運休になっていました。仕方ないのでUber Poolを使って空港へ。Uber本当に便利だ。日本でもUber解禁されないかなあ。

 

ミュンヘンの桜

オリンピック公園にきれいな桜が咲いているらしく、行ってみました。桜はいいですね。春を感じます。

f:id:yuhei59:20190415011924j:plain

お昼ご飯にラドラー(ビールのレモネード割り)とレバーケーゼ、ジャガイモのサラダを。うーん、正直しょっぱくてあんまりおいしくない・・・。

f:id:yuhei59:20190415011929j:plain

桜は密集しているというよりは点在している感じでしたが、確かにきれいでした。後ろに見えるのはBMWのヘッドクォーター。

f:id:yuhei59:20190415011937j:plain

日本みたいな感じではないですが、そこそこの人が桜の周辺で思い思いに楽しんでいます。お昼にラドラーを飲んでいたので自分も昼寝してました。落ち着いた時間が最高です。

f:id:yuhei59:20190415011949j:plain

 

アンデクス修道院

3月は結構天気のいい日が多かった気がします。この日も快晴だったので、アンデクス修道院までハイキングすることにしました。アンデクス修道院までは電車で1時間、徒歩で1時間程度です。

 

駅について山道を歩いていきます。途中で見えた教会?修道院?らしきもの、詳細は不明です。

f:id:yuhei59:20190415010734j:plain

そしてアンデクス修道院に到着。緑を満喫できるすごくいいハイキングでした。

f:id:yuhei59:20190415010738j:plain

中は煌びやか。教会や大聖堂とは違うのでしょうか。かなりピカピカしていました。個人的には好きです。また、ドラクエっぽい音楽がずっと流れていました。

f:id:yuhei59:20190415010740j:plain

結構歩いてお腹が減っていたので近所のビアガーデンへ。3月ですがいい天気のためか人だかりです。

f:id:yuhei59:20190415010750j:plain

シュヴァイネハクセを頼みました。美味しいですがとにかくでかい。写真だとわかりづらいですがケンタッキーのチキン5本分くらいでしょうか。ジャガイモサラダが酸っぱくておいしい。

f:id:yuhei59:20190415010749j:plain

帰りはアマー湖沿いを歩いて駅に向かいます。

f:id:yuhei59:20190415010759j:plain

素敵な道なのに人が全然いない…。

f:id:yuhei59:20190415010803j:plain

アマー湖に到着。水を見ていると心が落ち着きます。

f:id:yuhei59:20190415010818j:plain